FAQ よくある質問

どんな素材に使用できますか?

ウール・綿・合成繊維・麻の衣類に使用できます。

※ポリエステル100%の衣類に対するしわとり効果はありません。
※水洗い不可の表示があるもの、防水・はっ水加工など特殊加工されたものは、シミや色落ち、風合い低下、加工性能低下のおそれがあるので、あらかじめ目立たない部分で試してください。
※皮革・和装品・毛皮、絹・レーヨン・テンセルなど水に弱い素材、家庭洗濯もドライクリーニングもできないものには使用できません。(下記マークのある衣類には使用できません。)

今までの表示

新洗濯表示

2016年12月1日以降〜

  • 今までの表示 今までの表示
  • 今までの表示 今までの表示
  • 新洗濯表示2016年12月1日以降〜 新洗濯表示2016年12月1日以降〜
  • 新洗濯表示2016年12月1日以降〜 新洗濯表示2016年12月1日以降〜
特殊加工(防水・はっ水加工、UV加工など)されている布製品には使えますか?

防水・はっ水加工されている場合や布地にお洋服のスタイルガードが染み込みにくい場合は、有効成分が繊維の奥に直接働きかけることができないので、効果が弱くなってしまうことがあります。
また、特殊加工の効果が十分に得られなくなる場合があります。まず、布製品の絵表示をご確認後、あらかじめ目立たない部分でシミ・色落ちなどが起こらないかお試しの上ご使用ください。

どれくらいの時間でお洋服のしわが取れますか?

お洋服のしわは、スプレー後、乾燥するまでの約10分間に伸びます。ただしスプレーした量や、布地の厚み、天気・気温にも左右されます。早く乾かしたいときは風通しのよいところにつるしてください。

お洋服のスタイルガードをスプレーしたあと、アイロンをかけても大丈夫ですか?

大丈夫です。スーツに直接アイロンをあてるとアイロンの熱によるテカリが生じることがありますので、アイロン掛けをする時はあて布をしてください。

センタープレスはなくなりませんか?

ズボンのセンタープレスで、プリーツ加工を施していないものは取れてしまうおそれがあります。その場合は、スプレーして濡れている状態のときに、指で折り紙を折るような感じでラインをつけておけば、ある程度センタープレスを残すことができます。

「パンツのしわとり」の使い方をみる→

毎日使用しても衣類は傷みませんか?

はい、傷みません。ただし、汚れを除去する効果はありませんので、定期的にクリーニングに出すことをお勧めします。

シミがついたり、色落ちしたりしませんか?

基本的にはありません。ただし、着用や日光によって衣類の染色の状態が劣化している場合や、衣類に汚れがついている場合は、水がついただけでも変色や輪ジミになることがあります。特に染色状態の劣化の場合は、濃色系の衣類で起こりやすく、汚れが付着している場合は、淡色系の衣類で起こりやすい傾向があります。ご使用になるときにはあらかじめ目立たない場所で、色落ちやシミにならないことをご確認ください。

お洋服のしわ予防の効果はありますか?

着用時にしわをつきにくくする効果はありません。

どのくらいスプレーすればよいですか?使用量の目安を教えてください。

使用量の目安

使用するお洋服

使用量(本体)

スーツ(上下)

24回程度スプレー

ジャケット

12回程度スプレー

スカート

10回程度スプレー

着たままの状態でスプレーしてもよいですか?

着たままの状態ではスプレーしないでください。

洗濯前にスプレーして洗濯したり、洗剤と一緒に入れて洗濯しても効果がありますか?

洗濯中に成分が洗い流されてしまうので、効果はありません。

市販のボトル/携帯用スプレーに詰め替えられますか?

お洋服のスタイルガードの容器は、高い効果が得られるように、スプレー時に製品が出る量や、霧の細かさなどが調節されています。また、違う容器に詰め替えることによって、他の製品と混ざると濁ったりする可能性もありますので、他の容器に詰め替えてのご使用はお避けください。

レバーを引いてもスプレーがでません。

お買い上げの際にはスプレーのふたが閉まっていますので、スプレーの口にあるふたを上にあげてから使用してください。

レバーを引いてもスプレーがでません。 レバーを引いてもスプレーがでません。

お洋服のスタイルガードでしわ・ニオイ対策 お洋服のスタイルガードでしわ・ニオイ対策

お洋服の気になるしわやニオイも、お洋服のスタイルガードをスプレーすれば、独自開発のしわとり成分によりカンタンにケアできます。

製品特長を詳しくみる 製品特長を詳しくみる