今すぐはじめるPM2.5対策

今すぐはじめるPM2.5対策

外出時に衣類へのPM2.5の付着を抑えましょう。

外出時に衣類への
PM2.5の付着を抑えましょう。

ABOUT

静電気防止でカンタンPM2.5対策!

PM2.5って?飛散する時期は?

PM2.5って?飛散する時期は?

PM2.5とは、黄砂やスギ花粉よりも小さく肉眼では見えない微細な粒子です。
実は、PM2.5は一年中大気中にありますが、ピークは3月~梅雨前半。それはこの時期に雨が降ったり晴れたりと天気が周期的に変化し、空気が入れ替わりやすいことが関係しています。

PM2.5の大きさ比較
PM2.5の大きさ比較

空気が乾燥する冬~春は、PM2.5が衣類に付着しやすい時期

空気が乾燥する冬~春は、PM2.5が衣類に付着しやすい時期

PM2.5が衣類に付着する原因の1つは静電気です。静電気は、特に湿度が低くなると発生しやすくなります。冬~春にかけては湿度が低くなる日が多くなり、乾燥するため静電気が発生してPM2.5が衣類に付着しやすい季節となります。

こんな日はPM2.5に注意!

  • 3月から梅雨の前半にかけての、高気圧に覆われポカポカで風のない日は要注意です。空気が滞留しやすいためPM2.5が空気中に浮遊しやすくなります。
  • 雨が降って空気が入れかわった翌日も用心してください。PM2.5が浮遊しやすいことがあります。

こんな日はPM2.5に注意!

  • 3月から梅雨の前半にかけての、高気圧に覆われポカポカで風のない日は要注意です。空気が滞留しやすいためPM2.5が空気中に浮遊しやすくなります。
  • 雨が降って空気が入れかわった翌日も用心してください。PM2.5が浮遊しやすいことがあります。

PROTECTION

エレガードで衣類へのPM2.5付着防止

エレガードは静電気の発生を防いで、衣類へのPM2.5の付着を抑えます

エレガードは静電気の発生を防いで、衣類へのPM2.5の付着を抑えます

PM2.5の付着防止効果

PM2.5の付着防止効果

静電気を帯びたナイロン布を使い、エレガードをスプレーした場合とスプレーしていない場合で、PM2.5を含むモデル粒子の付着量の違いを見てみましょう。
エレガードをスプレーした布(写真右)は、スプレーしていない布(写真左)に比べて、付着量(写真中の黒いつぶつぶ)が少ないことがわかります

エレガードは静電気の発生を防いで、衣類へのPM2.5の付着を抑えます
<実験方法>
PM2.5のモデル物質:国立環境研究所 環境標準試料NIES CRM NO.28 都市大気粉塵(PM2.5を40~60%含有)
評価布:ナイロン布
評価方法:摩擦して静電気を帯びたナイロン布を都市大気粉塵が入った箱に入れ、箱の中の都市大気粉塵を舞い上げたあと、布を軽く払い、布表面をマイクロスコープで観察
真壁 京子(まかべ きょうこ)
PM2.5関連記事監修:真壁 京子(まかべ きょうこ)
気象予報士。
森田正光氏のもと、天気のリサーチ業務をしつつ、気象予報士資格修得に向け勉強を始め、1996年お天気キャスターデビュー。1997年10月、気象予報士に合格。現在はテレビ出演などのかたわら講演会も行う。また、気象健康アドバイザーの資格も持ち、天気と健康、環境問題などにも取り組んでいる。
山縣 義文(やまがた よしふみ)
花粉・PM2.5関連記事監修:山縣 義文(やまがた よしふみ)
LION お洗濯マイスター。工学博士。
家庭向けおよび業務用洗浄剤の研究・開発に約30年携わってきました。日々のお洗濯を楽しく、快適に行っていただけるよう、技術に基づいたノウハウをわかりやすくお伝えしていきます。
静電気対策の新習慣外出前にエレガード
静電気対策の新習慣外出前にエレガード
外出前に衣類にエレガードをスプレーしておくと安心です。こすれやすい部分を中心にスプレーすれば、パチパチやまつわりつきを解消するのはもちろん、ホコリや花粉、PM2.5を衣類に寄せ付けにくくなります。
製品特長を詳しくみる